前へ
次へ

生活支援という介護の手が必要

2025年という近い将来において、団塊世代の方が75歳を迎えるワケです。
単身や夫婦のみの高齢者世帯、特に気がかりなのは認知症を患う高齢者が増加している近況です。
住み慣れた地域で生活したい、そのために多様な支援ニーズに対応した支える手が必要になります。
その支える手は、ボランティアや社会福祉法人、民間企業なども含まれるでしょう。
しかし、医療現場を含めて、生活支援コーディネーターというスペシャリストが活躍しているようで、支え上手だからこそ様々なフィールドで求められています。
介護と医療といった専門的サービスの前提には、生活支援と介護予防というように互助の活動が重要になるはずです。
病気になったらかかりつけ医が必要です。
障害があれば、グループホームや老人保健施設などを利用しなければなりません。
ですが、拠点は「自宅」なのです。
住み慣れた我が家が一番で、訪問してもらったり、入所や退所したり、通院や入院をすることもありますが、最終的には我が家に戻りたいと望まれる高齢者ばかりです。

Page Top