前へ
次へ

介護関係で狙う資格とは

介護というのは基本的に行為としては資格が必要というわけではないです。
介護を仕事とするという場合においても必ずしも特別な資格を持っていないと現場で働くことができないというようなこともないです。
但し、事業者としてはさすがに資格を持っている人がいなければ管理ができないということにはなっています。
まず、目指すべき資格は何かといえば介護職員初任者研修でしょう。
まずはこれを取得するということが重要になります。
業界への第一歩ということになりますが、これは昔でいうところのホームヘルパー二級と呼ばれていたものに該当する資格となります。
これがあればなにかができるというわけではないのですが、持っていることによって求人などに応募しやすくはなることでしょう。
資格がなければその業界に入れないというようなところでもないのですがあった方が何かと有利というのは間違いないでしょう。
まずこの業界に行くと決意したのであれば取得するべき資格となるでしょう。

Page Top